top-Kiryl

Kiryl Vasilionok

Posted on 2013/11/13

ロシアからのアート、Kiryl Vasilionokさんの作品です。 魚や、海、果物…とても身近なものをさりげなく描いていますが、その空間や存在を描く力量は素晴らしいですね。

既成の観念にとらわれないで美を追求したい彼にとってアカデミックな場はなじめなかったらしく、独学で学び、ストリートアーティストとしてモスクワでの個展から活動を始めたようです。

2011年に彼は釧路を訪れそのイメージを絵に描いています。彼は以前私にこんな事を行ってました…「前世があったとしたら、私は日本人だったろう」  
彼にとって日本は近しいところなんですね。

彼もまた多作です。掲載しきれませんので機会を見てまた紹介させていただきたいと思います。

 

 

01-Wow! 1998

01-Wow! 1998

 

 

 

02-Still Life with a metal kettle 1999

02-Still Life with a metal kettle 1999

 

 

 

03-My City 2001

03-My City 2001

 

 

 

05

05

 

 

 

 

04-Kushiro

04-Kushiro

 

 

06

06

 

 

 

07

07

 

 

08

08

 

 

09

09

 

 

10

10

 

 

11

11

 

12

12

 

 

 

 

14

14

 

 

 

 

15

15

 

 

 

 

16

16

 

 

 

17

17

 

 

 

 

18

18

 

 

 

 

19

19

 

 

 

 

20

20

 

 

 

 

21

21

 

 

 

 

22

22

 

 

 

 

23

23

 

 

 

 

24

24

 

 

 

 

25

25

 

 

 

 

26

26

 

 

 

 

27

27

 

 

 

 

28

28

 

 

 

 

29

29

 

 

 

 

30

30

 

 

 

 

 

31

31

 

 

 

 

 

 

32

32

 

 

 

 

33

33

 

 

 

 

34

34

 

 

 

 

35

35

 

 

 

 

36

36

 

 

 

 

37

37

 

 

 

 

38

38

 

 

 

 

39

39

 

 

 

 

40

40

 

 

 

 

41

41

 

 

 

 

42

42

 

 

 

 

 

43

43

 

 

 

 

 

45

45

 

 

 

Kiryl painted his first picture in 1991. He ignored academic education and preferred instead to teach himself. He started out as a street artist and hung his pictures at different private viewings in Moscow. From 1995 he took part in group shows and solo shows (Moscow, Kiev, Sevastopol halls and galleries). From 2003 to 2011 he did not exhibit his work, except privately for friends and at underground shows. He considers painting Kiryl Vasilionokto be an objective and accurate discipline with one proper solution. The task is to find it without getting distracted by former experience, shape, style and concept. He believes that all stylistic conjunctions are occasional and caused by materials, choice or mood. Lack of visual memory, a vague idea of history of art and other people’s experience made freedom in art easier for him. 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


当ウェブサイトで提供している画像・文章等の著作権は、著作権者に帰属します。 著作物は、著作権法により、無断で転用、複製等の行為を無断ですることは禁じられています。

Be the first to leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>