TOP5_35

Akihiro Shoji 庄子明宏

Posted on 2014/07/15

「教育とは、教えられたことをすべて忘れた後に残っている先生の匂いである」
。。。高校時代、ぐでんぐでんに酔っぱらいながら講義を行う美術の先生がいました。
今なら、大問題になるところですが、私たち生徒はその先生を「おとっちゃん」と呼んで慕っていました。
そんな「おとっちゃん」からの一言で進路を変えた高校時代の仲間がいます。
今回紹介する庄子明宏くんです。

01

01

 

 

彼のデッサン力は抜群でしたが、本人としては工業大学への進学を希望していたらしいのです。
にもかかわらず、「おめえは美術大学さ行け!!」

……「おとっちゃん」はこの一言を言う為に家までわざわざ家庭訪問というカタチでおしかけて行ったのでした。しかも、しっかりと酔っぱらって!!

「こうして絵を描けてる、こんな幸せな生き方、おれホントに有り難いと思ってますよ。」
10年程前、庄子くんがもらした一言ですが、現在彼は宮城県の教育界で精力的に活動しています。

ほんの一部ですが、彼の素晴らしい作品を紹介します。

 

 

02

02

 

 

 

 

03

03

 

 

 

 

 

05

05

 

 

 

 

 

06

06

 

 

 

 

season

season

 

 

 

 

BIRTH

BIRTH

 

 

 

 

シリーズ「BIRTH」の初期作品

シリーズ「BIRTH」の初期作品

 

 

 

 

 

 

09

09

 

 

 

 

 

 

10

10

 

 

 

 

BIRTH2013

BIRTH2013

 

 

 

 

 

 

 

光そそぐ

光そそぐ

 

 

 

 

 

 

 

貝の森から

貝の森から

 

 

 

 

 

 

14

14

 

 

 

 

 

 

15

15

 

 

 

 

 

 

16

16

 

 

 

 

 

17

17

 

 

 

 

 

18

18

 

 

 

 

 

 

19

19

 

 

 

 

 

 

20

20

 

 

 

 

 

 

21

21

 

 

 

 

 

22

22

 

 

 

 

 

23

23

 

 

 

 

 

 

24

24

 

 

 

「庄子くんに絵を描かせてるものって何なの?」
という問いに、庄子くん曰く「なぜ絵を描くのかと言う質問は、それは誰しもが問われる質問ですよね。でも語れば嘘になりそうですから。。。」……うん、そうかもね。

だったらローカルに、我々の酔っぱらい先生「おとっちゃん」の話をからめようか、と思った次第です。
実際「おとっちゃん」の影響を受けて先生になったり、デザイナーになった先輩や後輩はたくさんいるのです。

ついでではありますが、当「あったかギャラリー」主宰者川嶋のエッセイ(ブログ)も読んでみてください。高校時代、私の同級生だった彼も「おとっちゃん」の影響を受けた1人で、彼の事を綴っています。

アル中先生 http://d.hatena.ne.jp/kawasimanobuo/20131001/p1

 

 

初期の自画像(F8号油彩)

初期の自画像(F8号油彩)

 

 

そうそう、庄子くんは「大衡村ふるさと美術館」館長もしています。
どうぞ、一度訪れてみてください。
大衡村ふるさと美術館 face book
https://www.facebook.com/pages/大衡村ふるさと美術館/

大衡村ふるさと美術館 http://ohira-manyo.co.jp/bizyutu.html

仙台凧の会会員としての庄子くんの活動も紹介したいのですが、機会を見てまた改めて紹介したいと思います。

 


2014.7.15
あったかギャラリー
中嶋 記

 

 

 

 

 

 

 


当ウェブサイトで提供している画像・文章等の著作権は、著作権者に帰属します。 著作物は、著作権法により、無断で転用、複製等の行為を無断ですることは禁じられています。

Be the first to leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>