Filter
top-43fb4

~ヘレン・ハイド~明治の浮世絵師となったアメリカ人女性

117年前の明治に来日し14年の間、日本を描き続けたアメリカ人女性浮世絵師、ヘレン・ハイド。 彼女の足跡をアメリカ在住のアーティスト大野順子Rothwell氏が紹介してくださいました。 Continue Reading →

桐葉に尾長(奄美以前の作品)

奇跡のアーティスト・田中一村のことば

田中一村は、日本のゴーギャンとして例えられるが、私はこの例えが好きになれない。
一村は一村であり、実にすばらしい作品群を残した日本画の天才アーティスト Continue Reading →

Šî–{ RGB

我妻栄二 Agatsuma,Eiji

石巻市出身のデザイナー、我妻栄二氏(仙台市在住)の作品をご紹介します。
彼の手による独特の書はファンも多く、たくさんのパッケージデザインを手がけています。 Continue Reading →

Šokazaki

岡崎靖男 Okazaki,Yasuo

宮城県の北部に位置する鳴子温泉郷は「こけし発祥の地」と言われています。
今回はそんな鳴子こけしを製作する「こけしの岡仁」岡崎靖男さんの仕事を動画といっしょに紹介します。 Continue Reading →

Šî–{ RGB

森田MiW / morita MiW

なんともフシギで無垢で郷愁さえ誘うステキな世界。
「洒落」てて「優しく」って「深く」て「華のある」モノを創っていきたい…という、ふだんはイラストレーターとして活動されている森田MiW(モリタ ミウ)さん。 Continue Reading →

mariTOP6_17

半沢マリ Hanzawa,Mari

カラフルでありながら、素朴な親しみとユーモア、そしてどこか懐かしささえ感じる作品たち。
宮城県出身、半沢マリさんの〈コケシエンヌ〉をご紹介します。 Continue Reading →

arakawa_top

荒川トーマス彰 Thomas Arakawa 

私の作品は使われてこそアートとしての完成があります。従って、機能的な陶器を作る事は、私とお客様の共同作業なんです。アメリカ在住の陶芸家、トーマス荒川さんはそうおっしゃいます。 Continue Reading →

ギャラリーTOP6_18

山本 重也 Yamamoto,Shigeya

毎日日記のように描いていますという、山本重也さんの水彩画をご紹介します。子供のような純粋さと見る人に感じさせる暖かな空気感は、さすがプロならではの技と感服します。 Continue Reading →

mizuguchi_TOP

水口 和紀 Mizuguchi,Kazuki

昨年3月、仙台の定禅寺通りの画廊で蓮の絵に出会いました。若々しい豊かな感性が、日本画の伝統の中で様式にとらわれず、静かに輝いている…そんな印象を受けたものです。
すてきな日本画家 水口和紀さんの作品を紹介します。 Continue Reading →

midori_18

Midori McCabe

春よ来い!!
太陽の光が待ちどうしい季節に
ピッタリの作品をご紹介します。
Midori McCabe(マッケイブみどり)さん、
アメリカ在住のアーティストです。

Continue Reading →

TOP5_35

Akihiro Shoji 庄子明宏

「教育とは、教えられたことをすべて忘れた後に残っている先生の匂いである」
。。。高校時代、ぐでんぐでんに酔っぱらいながら講義を行う美術の先生がいました。
今なら、大問題になるところですが、私たち生徒はその先生を「おとっちゃん」と呼んで慕っていました。
そんな「おとっちゃん」からの一言で進路を変えた高校時代の仲間がいます。
今回紹介する庄子明宏くんです。
Continue Reading →

Junko_top

Junko Ono Rothwell

アメリカ・ジョージア洲のアトランタ在住、Junko Rothwell(ジュンコ・ロスウェル)さんをご紹介します。アメリカ・パステル協会よりマスターパステリストと認定された彼女ですので、たくさんのパステル画を発表されていますが、スケッチしている時が一番楽しいともおっしゃってます。 Continue Reading →

susanTOP5_22-320x114-1

Susan Williams

2011年3.11の大震災後やっとネットが復旧した日、古い友人からメールが届いた。「元気?私の事おぼえてる?」
スーザン・ウイリアムズ……学生時代に絵を描いていた時の仲間だった。

Continue Reading →

top-Kiryl

Kiryl Vasilionok

ロシアからのアート、Kiryl Vasilionokさんの作品です。 魚や、海、果物…とても身近なものをさりげなく描いていますが、その空間や存在を描く力量は素晴らしいですね。 Continue Reading →

あったかシアター_17

あったかアニメシアター

 Short Animations in Attaka Theater
心に残るショートアニメーションを2本ご紹介します。 強制することをしない、ある意味、見る人の感性にゆだねるショートムービーとでもいうのでしょうか。何度でもみたくなる作品です。 Continue Reading →

kiyoko_top

Kiyoko Abe 阿部清子

小さい頃からずっと人を描きたいと思っていました。私にとって、一般に常識とされることでも分からないことがたくさんあり、それは生きる上で恐怖でし た。怖さの原因を知るためにも、自分を含め人を描きたいと感じたんです。実際、社会的には欠点とされている私の特性も、絵を描いている時には長所となるこ とを知りました。 Continue Reading →

hiro-j

ヒロさんのユメ

目に見える物を描く必要性から解放されたアートがある….そのアートとは全く異なった環境の作者によって作られたストーリーとの組み合わせはどうだろう。。。そう、音楽を聞きながら童話にふれるような、そんな試みです。Midori McCabeさんのアートと中嶋徹氏によるメルヘンの世界へようこそ…

Continue Reading →

hiro-e

Hiro’s Dream

●English version● 目に見える物を描く必要性から解放されたアートがある….そのアートとは全く異なった環境の作者によって作られたストーリーとの組み合わせはどうだろう。。。そう、音楽を聞きながら童話にふれるような…。Midori McCabeさんのアートと中嶋徹氏によるメルヘンの世をどうぞ… Continue Reading →

Sainz-top

Gabriel Sainz

 なつかしい未来へ、ようこそ…
自然の中では、科学も人間も、偉大な力で生かされている無垢な子供のようです。
宇宙、地球、自然…私たちは、とてつもなく大きい手のひらの上で遊ぶ無邪気な存在……


Continue Reading →

seiketop

Masanobu Seike 清家正信

写真界の大御所、清家正信氏の登場です。
今回は花のモチーフで行かせていただこうと僭越ながら100点チョイ、勝手にセレクトさせていただきました。
以前、津軽の一連の写真に感動し、掲載を承諾していただいたのですが、思うところがありこのシリーズを取り上げさせていただきました。 Continue Reading →

jaya_top

Jaya Suberg



鑑賞者の根源に潜在する死とか肉体的苦痛、あるいはもっと精神的な、孤独とか本能的な「怖れ」をえぐり出そうと試みているように思える。それこそが彼女の作品の最大の魅力ではないか….。

Continue Reading →

TOP_aneha

Kohya Aneha 姉歯公也

幼い頃いつか夢で見た景色を創る造形作家。ひとつひとつの作品に付けられたタイトルと詩は、ここではないどこか、安息の場所を求めてさまよう大人への「道標」となり、優しく穏やかな状態へと導いてくれる。 Continue Reading →

Domi_Topimage

Dominique Savignard

そこは東洋でもあり、西洋でもあり、いつか見た夢の世界のようでもある…. Continue Reading →

ギャラリーTOP4

Beauty of Sumi and Charcoal

一筆に濃淡を宿し、量感と気韻を伝える不思議な墨の魅力。そして、ルネッサンスのイタリアで好んで使用された木炭は、紙の上に細かな粒子となり濃淡を作る。その美しさは今も人を魅了する。

Continue Reading →

Love and prayer to the earth

Love and prayer to the earth

海の流木、気が遠くなるほどの時を経て磨かれて私達と巡り会う川の石たちと語り合う。そして、土中の微生物達の力を借りるアートさえここにある
Continue Reading →

EisakuAndo

Eisaku Ando 安藤 栄作 

3・11を超える作家たちへ

大自然の中で彫刻を作って生きていきたいと福島県いわき市に移住したのが20年前。15年間を山で暮らし、5年前からは海沿いの小さな町に住んでいた。

Continue Reading →